カテゴリ:lick 殴り書き( 6 )

 

@ speed of light

a0168628_18424737.jpg




殴り書きvo 6!





テラローザのライブ盤に入っている
デスブリンクのフレーズ!





上段はソロに入って6小節目




赤丸の裏メロが
このタイミングで入るのが好きで
似たようなのは
ソロのvertu et viceでも
頻繁に出てくる






下段は同じく
デスブリンクのソロ後半のラン奏法!




赤マルが右手で
後はレガート




たしか
BPMで145〜150くらいのテンポ



32分音符なので
ちょっと
光速系かとw




まぁ
動きになれるとそんなに難しくない!




思うw







#
[PR]

  by voodoobutterfly | 2017-12-27 18:42 | lick 殴り書き | Comments(0)

multidimensionally

a0168628_1515384.jpg


殴り書きvo.5!




テラローザのSASEに入っている
デス ブリンクの
ソロ前半の最後のフレーズ




これは
ハーモニックマイナー・
パーフェクトフィフス・ビロウと
7番目の音が違うだけの
ダブルハーモニックスケール




別名
「蛇旋」
「スネーク スケール」とも
言われている ← (言われてないw)





vo4とは違い
トップも動いている




TABでみるとわかりやすいが
1弦のメロディと
他弦のメロディで対位している




赤丸の
F#アルペジオと一弦の蛇フレーズ

二つのフレーズが同時に存在する感じで

優しそうなマングースと
猛々しいコブラの対決的な←(蛇好きか w)






オリジナルCDでは
曲速いし
リズムも突っ込み気味なんだがw



勢い あるなー!


ということにしておこうw





二列目は
ソロアルバムの
チャイコフスキー・ピアノコンチェルトの
2.02くらいに出てくるフレーズ風


符割りは上と同じ





こっちはハモってるので
多次元風だが
指orピックorハイブリッドと
弾き方は好みで!






#
[PR]

  by voodoobutterfly | 2017-12-23 15:01 | lick 殴り書き | Comments(0)

Moving in the middle

a0168628_1140594.jpg



殴り書きVo. 4





これもテラローザの
テリブルドリームという曲の
ソロ後半 6連






赤マルがメロ!





赤マルだけ弾くと
Aのコードトーン





当時はよく
「両手タッピングですか?」
と言われたんだが
これも普通に弾いている





タッピングだと
奏法上 トップがメロディに
なったりするが
これは中がメロディになっている
不思議なフレーズw




速いので
ピッキングで弾き分けるのは
それなりにテクニックがいるが

右手をハイプリッドにすると
いうのもある






にしても



二列目のTABが何故か

いつも右肩上がりになってるのが
気になるw





#
[PR]

  by voodoobutterfly | 2017-12-20 11:40 | lick 殴り書き | Comments(0)

singing rounds

a0168628_13572936.jpg




レッスンの殴り書きvo3!





これは
テラローザのベスト盤に入っている
クラッギーライムスターの
ソロサビ前




スケールはディミニッシュで
音符は16




これは
「1人で輪唱」のリック!






青丸と赤丸で
2オクターブ離れている




2オクターブ下が
輪唱のように追いかける感じで
だんだん接近して盛り上げていく!

みたいなイメージ





振動の速い音(高音)
振動の遅い音(低音)が交互にくる
緊張感が好き!
と いうか w










#
[PR]

  by voodoobutterfly | 2017-12-15 13:57 | lick 殴り書き | Comments(0)

counter point!

a0168628_1529415.jpg



レッスンの殴り書きが
なぜか好評で w





リクエストがあったり
アルバムの再販もあったりしたので
他の殴り書きも!




a0168628_1529422.jpg


これも運指用で
SASEのギターソロサビ前の6連符





6連符の一つ目がメロディになっており
後の5音も別メロディに

二つのメロディが交差する
ピアノをイメージした
対位法フレーズというか




一つ目と二つ目を
ピッキングして
あとはレガート




普通に考えると
一弦20フレットから
五弦12フレットは
手が化け物くらいデカくないと
弾けない




流石にこれをストレッチで
弾くことは不可能に近いんで

私は
移動を速くする発想で弾いている!



アルバムでは
勢いあまって弾いた本人も
走っておるんだが


22歳の若気ということでw





ちなみに類似は
ソロアルバムのチャイコフスキーの曲で
同じようなのがあって
そっちのほうがタイトかと



a0168628_15294273.jpg


これは

その後のソロサビ!




これも運指用なんで
譜面がおかしいw




同じく
六弦3フレットから
一弦11フレット


六弦15フレットから
一弦22フレットと
瞬間移動が出てくるが

当時はテクニカルなことより
コードに合わせた
エキセントリックな対位メロディのほうが
私にはとっても重要だった





しかし


こうやって改めてみると

メロディで
フレーズを組む感じは
今も
同じですなー




サビの上段にある一弦12は一弦10フレの
書き間違いw




ともあれ
また機会があればアップしたい!!



#

[PR]

  by voodoobutterfly | 2017-12-07 15:29 | lick 殴り書き | Comments(0)

Practice of arpeggio!

a0168628_11245922.jpg





レッスンで
「あそこ どうやって弾いてますか?」
の質問がよくある





何故か
アルペジオ系が多いw




Photoはその一部




Am7は
先日 再販された
TERRA ROSA 「SASE」のブレイクソロ

これは
もう28年くらい前w



SASEのレコーディング現場で
作ったものだが
その後 Liveで何回も弾いたんで
未だに覚えている




3か6連符基本でやると解りやすい!
かと



真ん中あたりの5弦 7から12に行くところは
どちらも人差し指

二弦13と一弦13も人差し指


一弦19は右手




C7は
ホールトーンをアルペジオにしたもので
これも
30年くらい前からプラクティス用に
弾いていたもの



これは
一音づつどんどん上がって
いけるとこまで
上がるといいプラクティスになるw




ホールトーンは
どこまでも行けるが
何のkeyで
着地はここ!というのを
理解しながらやったほうがいいかと




これも3か6連符基本で
やっておいて
バックにあわせてリズムや音階を崩したり

普通のフレーズに部分的に
挟んだり
フレーズそのままにしてKEYを変えるとか

運指を少し変えてディミニッシュにするとか

応用はいくらでも出来るね!





#
[PR]

  by voodoobutterfly | 2017-12-03 11:25 | lick 殴り書き | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE