Beloved son!

a0168628_11113369.jpg



東京富士美術館へ!



長くつ下のピッピ展を観にいったんだが
スウェーデンのリンドグレーン作で
世界で一億六千版出たという名作!



ここでも紹介されていたが
リンドグレーンの
有名なスピーチにこうある



[「鞭を惜しむと子どもがダメになる」
と体罰を肯定する言葉が旧約聖書にあり
ある母が幼い息子を
こう言って叱った

「外で鞭を探してきなさい」と


外に鞭など落ちているはずもない

息子は代わりに
石を持って帰った

“僕を痛い目に遭わせたいだけなら
石でもいいでしょう?”

涙を流しながら訴えた


母親は
われに返り 息子を抱き締め
一緒に泣いた

その後
石は台所の棚の上に
非暴力の教訓として置かれ続けた]

との知人のエピソードを紹介した
スピーチ



色んな要素が入ったピッピ展を観ながら
童心に帰った気分になったが
親として再認識する重要な教訓も
たくさんあった




ちなみに
うちは有り得ないんだが
自分が子供の頃
仮に
親が鞭を探してきなさい!と
言ったら
どうするだろう?




そんな親なら
砂くらいは投げるかな?w




たぶん
うちの息子も同じ! w


かと






#
[PR]

  by voodoobutterfly | 2018-09-18 11:11 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< brain! home page! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE