人気ブログランキング |

Joan Miró

a0168628_00414072.jpeg

レッスン!


レッスンなので
普通に音楽を楽しむとかいう話では
なく
物事を深く見ていくという話



例えばゲーテは
東から昇った太陽が西に消えていくのを
みて
生命は永遠に流転すると悟った!と


キリスト教文化圏の人なんだよねー
ゲーテ!w

キリスト教は
生命が永遠に流転すると認めてないが
ゲーテはそれが嫌だったらしい


この類似はアインシュタイン.ユゴー.
トルストイ.カールユング
あとベートーベン 等

「一を見て十を知る」
巨人はいる


この日は
画家ミロについて!



ちなみに
あれを子供の落書き?と見る人  
いるかなー?

ほんとは
大したことなく
後付けで凄いように言ってるだけじゃないの?
と思うかなー?
(学校の先生 口調です)w



自分の評価の仕方が
自分自身の現状の境涯ともいえる


なぜなら
人は現状の自分の器や視点まで
全てを
上げ下げしながら評価するという
側面がある



素晴らしいものをみて嫉妬せず
素晴らしい!とか
どうして?とか

共感や疑問をもち学べば
自分も高められるし
ダメなものもダメとわかる

そのほうがとくだし賢いに決まっている
(学校の先生 口調です)



ミロは
スペインの独裁制時代

抑圧の中 仕事をし
自分の作品を見た人が

「愉快に元気で生きられるように!」

との願いで書き続けた


その思いのとおり 
作風はユニークで底抜けに明るい!

そしてシンプル!

これこそが
ミロの抑圧への最大の抵抗だった!



ちなみに
芸術家もキャリアがつくと
排他的になったり
経験に基づいた行動や思考しか
出来なくなったりする場合が

あったりする


だんだん
狭いコミュニティが出来てくるんだが

ミロはそういう所には入っていかなかった



もっと広い世界に打って出る社交も
重視したようで
一説には 画家というカテゴリーをつけられるのも嫌がったとw


たぶん 狭いコミュの人達は
ミロが何をしようとしてるか
全く 理解が出来なかったやろうねーw


音楽で例えると
ジャンルのカテゴリーみたいなものかな?



カテゴリーを服に例えたら
よくわかると思うが

軍服きてないと自分じゃないとか

袈裟を着てないとダメとか

上に着るものではなく

身体 そのものを作ることを

ミロは重視した!

と思う



それがあれば
何をきても着こなせる

何をやっても不動の自分自身を表現できる!

みたいな事



#








  # by voodoobutterfly | 2019-11-28 00:41 | human | Comments(0)

Feelings of gratitude

a0168628_02413428.jpeg

なかなか
忙しくなってきてて有り難い!


しかし
まだいけるぞ!とw



Photoは 電通ビルの中で

「えーと!
あれをこうして
これはあーして

うわぁー!! どないしょー

早よ帰らな!!」

と思っているところw



全然 
そう見えないかも?だが





#

  # by voodoobutterfly | 2019-11-26 02:41 | everyday life | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE